水・ぬるま湯洗顔のきっかけ

Presented by:朝は水・ぬるま湯洗顔にしませんか?

皮膚科の医師の説明を聞いた事がきっかけでした。説明の内容は次のような事でした。「朝は、肌が本来的に持っている自然のバリア機能が働いる。洗顔料などを使用すると、本来のバリア機能を破壊してしまう可能性があるので、逆効果。」この説明がきっかけでぬゆま湯洗顔にしました。

60歳代・方法と歴
36度くらいの「ぬるめ」のお湯・3年

夜にしっかりとクレンジングで化粧を落とし、洗顔で汚れを落としているので、朝の洗顔は水道水で十分と判断をしたからです。それと、顔の油が少なくなってきたように思えて、肌の潤いを少しでも保ちたいのと、オイル不足で乾燥によるシワの予防も兼ねています。

39歳・方法と歴
水道水・10年

朝晩と洗顔したときに口元やほおのかさつきがひどかったため、朝だけぬるま湯洗顔に切り替えました。40代ということで、洗いすぎが原因によるかさつきだと思ったためです。かさつきがおさまり、肌の調子がよくなればいいと思いました。

40代・方法と歴
ぬるま湯・1年

中学・高校生時代、ニキビと脂性肌に悩まされてきました。深夜のラジオが面白くどうしてもききたかったのと、スナック菓子がやめられなくて・・・恥ずかしながら当時は顔中はおろか首にまで赤?紫色のニキビがたくさんできていました。母の知り合いで水にこだわりをもった方がいて、その人から「綺麗な手で、水道水で洗うだけでよくなるから!まずは1ヶ月騙されたと思って続けてみなさい!」と、勧められてはじめたのがきっかけです。

30代・方法と歴
水道水・13年(冬だけぬるま湯)

顔の肌乾燥がひどくなったので、ネットで色々調べていたら朝の洗顔をぬるま湯洗顔にすると、余分な皮脂が抜けないので乾燥肌が改善するということが書かれていたので、すぐに実践してみようと思ったのがきっかけです。確かにその説明は理にかなっていると思ったので乾燥が改善することを期待して始めました。

40代・方法と歴
ぬるま湯2年

朝の洗顔はまず夜に洗って寝るだけなので汚れていないと思うのと、両手で蛇口からの水を受けるのですが私は2回から3回で終わります。お湯にして朝、お湯が出てくるまでかなり時間がかかり、もったいないとゆう理由もあります。

50代・方法と歴
水道水・35年位

洗顔フォームや石けんで、朝洗顔するとサッパリして気持ちはいいのですが、洗顔後にツッパリ感があり下地を使ってメイクをしても一時間後には乾燥してパサパサになり化粧くずれをするようになったので、ぬるま湯で洗顔するようになりました。ぬるま湯で洗顔することにより必要な皮脂が肌に残り潤いが保持できると期待してました。

58才・方法と歴
35度くらいのぬるま湯・1年

最初は朝も洗顔料で洗顔していましたが、当時学生だったため目覚めるのが遅れることが多く、朝に時間がない時にぬるま湯でぱぱっと洗顔したことがきっかけです。その後いつもよりお肌の調子がいいように感じ、今まで続けてきました。

26歳・方法と歴
若干暖かいと感じるくらいの水・10年

20代の頃は、おでこや鼻の頭や鼻の下が脂っぽく朝起きた時に、テカテカになっていて必ず洗顔料を使って洗顔していたのですが、30代になってそれほど皮脂が気にならなくなり、逆に頬やおでこの乾燥が気になり始め、朝は洗顔料を辞めて水だけで洗顔する様になりました。そうすることで、顔全体の乾燥を防げるのではないかと思いました。

40代・方法と歴
夏は水道水、冬はお風呂くらいのぬるま湯・10年

若い頃は朝にも洗顔フォームを使っていました。けれどもだんだん年齢が進むにつれ、お肌の乾燥が気になってきました。すると、朝には石鹸を使わずに水だけで洗った方がよい、という話を聞きました。確か雑誌か何かだったと思います。それ以来、朝は水で洗顔するだけで済ましています。

50代・方法と歴
水道水10年以上